chest

chest_04.jpg


衣服を収納するための引き出し付きの棚を、フルオーダーでご注文いただいて作りました。

タイトルのchestは、平たく言うとタンスです。


chest_01.jpg


お客さまのご要望で、本体も引き出しの前板も楢材の板目を使用しました。

板目は木目模様が派手に出て、机や棚など表面積の大きい家具は主張も大きくなります。
木目の主張が活きるように、全体の形としては出来るだけシンプルにまとめました。

今回は全体にボリューム感を出したかったので本体の板厚は、普段の設計よりも厚めにしてみました。


chest_05.jpg


引き出しの取手は前板の裏側を彫り込んで、指が掛かるようになっています。

本体は反りを抑えるような構造に出来ますが、引き出しの前板は長手方向の抑えが効かないので反りが出やすいです。

まっすぐに製材してもしばらくすると湿気を吸って、木表側に引っ張られて反ります。

木表は丸太の皮に近い方の面の事です。

木の内部はそのようなテンションが掛かった状態になっているようです。

少しずつ削って日を置き、テンンションを緩めながら進めます。

ちなみにこれは、納期が遅れた時の言い訳にもなります。