フロイス

furoisu_07.jpg


A.C.E. 波多野一級建築士事務所さんから椅子製作のご依頼をいただいて作りました。

今回は波多野さんによるデザイン案をもとに坂田製作所で設計を起こしました。

お風呂用の椅子なので、組み立てに接着剤を使わずに、すべてばらせる構造です。

湿気と乾燥の繰り返しで木材が収縮して、接着剤が切れてしまうためです。


furoisu_03.jpg


材は柾目の米檜(アメリカ産の檜)を使用しました。

お風呂に使う木材としては、槙、檜、サワラなどが有ります。

柾目の一枚板で木取り出来る材となると、強度や価格で米檜が現実的でした。とは言っても、いつも使っている広葉樹の楢やウォルナットに比べてかなり高価な材です。

楢などの広葉樹はとても堅いので、組み立てなど少々きつめに組めますが針葉樹は無理をすると
すぐに割れてしまうので神経をつかいます。

今回は割と繊細な構造なので、何度か試行錯誤して最終の仕口が決まりました。


furoisu_06.jpg


針葉樹ですので平面の仕上げは鉋仕上げになります。

削っていると、少しハッカのようなスースーする香りが部屋に充満します。
作業しながら、リラックス効果が有って体に良さそうとか、しょうもない事を考えてしまいます。

水を掛けるといっそう香りが立つので、お風呂で使うと気持ち良さそうです。


furoisu_02.jpg


組み立て終わった完成形は、後ほど波多野さんのHPにて紹介されると思いますので、お楽しみに!