ロッキングチェア

DSC01617.jpg


A.C.E. 波多野一級建築士事務所さんからご依頼いただいてロッキングチェアをお作りしました。

波多野さんが以前にリフォームをされたお施主さんからのご要望で新聞を読むための椅子としてボーエ・モーエンセンのModel 2256 easy chairをご要望でした。

少し前まで、フレデリシアから販売されていましたが、現在は生産していないので新たに作ることとなりました。

せっかく新しく作るので、オリジナルの基本的なスペックは踏襲しながら、使い勝手の良い椅子を作ろうと打ち合わせを重ねて設計しました。


DSC01624.jpg


Model2256の背もたれの高さは肩甲骨の下あたりまでを支えるlow backですが、新聞を読むならと実際にlow backとhigh backに新聞を持って座り比べながら検討して、肩の少し上までを支えるsemi high backになりました。

またModel2254 high backは座面の位置をずらしてリクライニング出来る構造ですが、今回は座面の位置を固定する事で部材の数を減らしました。

そのかわりに脚にカーブをつけてロッキングチェアにして体勢を変える事が出来るようにしました。


DSC01619.jpg


折り畳むとコンパクトになるので、扉を開けて運ぶ時にスムーズに通れます。

これが意外に便利です。


DSC01627.jpg


背もたれと、座面のカーブは成形合板(プライウッド)で製作しました。

一脚の為に型を作らないといけませんが、いつか使う機会も有るかもしれないと思っていたら、早速偶然Model 2256の背もたれを作り直すと言う修理の依頼がきて再利用出来ました。

あと10回くらい修理の仕事が来たらもとが取れそうな気がします。


DSC01642.jpg


下の写真は、この椅子の全パーツです。

意味は有りませんが、組み立てる前に並べてみたくなりました。


DSC01605.jpg