テーブルとオットマン

DSC02115.jpg


横内敏人建築設計事務所さん設計のお宅のダイニングテーブルをお作りしました。

テーブル天板のサイズはw1900×d960mm、楢の3枚接ぎです。

最近は楢がほとんど市場に無く、価格も高騰してすっかり高級材になってしまいましたが、
良い楢は発色、木目など他の材には替えがたい魅力があります。


DSC02129-2.jpg


脚の構造は最近気に入っている、モーエンセンタイプ風。

いつもはピン角の天板ですが、今回は横内さんの意向もあり天板の角を少し大きめのRにしました。

脚のディテールは少しづつ形状やバランスを変えていますが、今回は天板にRを付けて脚と一体感が出た気がします。


DSC02135.jpg


こちらはコーヒーテーブルとすっぽり収まるオットマン。

横内設計事務所さん設計。


DSC02138.jpg


こちらは楢の共木で2枚接ぎ。

小さい天板で2枚接ぎの時はこんな木目が好みです。