タモのテーブル

tamotable_06.jpg


Dining table 2のサイズと、素材をセミオーダーで製作しました。

サイズはw2100×d950と大きなダイニングテーブルです。
テーブルには楢やウォルナットを使う事が多いのですが、今回は、タモの柾目を使用しました。

楢とタモの違いは表面の虎斑模様の有無と、少しタモの方が白っぽいところです。
個人的なイメージとしては楢の方が土臭さく、タモはそれに比べてすっきり都会派な感じでしょうか。


tamotable_05.jpg


全体的にすっきりと重たくならないよう、とのご希望だったのでスリムに設計。
テーブルのフォルムとタモとの相性も良かったと思います。

大きな天板サイズなので脚と幕板はあまり細くすると、構造が華奢になってしまいます。
実製作では図面は参考程度に、少しづつ削って天板とのバランスや強度を考えながら進めて行きます。
プロポーションやディティールの決定は、言葉や図面だけでは表現出来ない部分も何かと有るので作る側の判断が必要になります。
削りすぎると後戻りできないので、緊張感があって実製作において最も醍醐味を感じる瞬間です。


tamotable_01.jpg


敬愛するウェグナーの椅子と。