square table

ichi_dt_01.jpg


直方体の天板の四隅に四角い脚、直角で構成したシンプルなダイニングテーブルです。
テーブルとしては、もっとも分かりやすい形状だと思います。

スクエアは俗語で野暮ったいとか、つまらないと言う意味も有るそうですが、なるほどです。
シンプルな構成だけに野暮ったくならず、形状がシャープに見えるように気を遣いました。


納品させていただいたのは、川畑昌弘設計工房さん設計の住宅です。

天板サイズが2400×900mmのテーブルを2階のダイニングルームに設置しました。
搬入経路に階段を使うため、今回は天板と脚をパーツの状態で搬入してから、現場で組み立てを行いました。


ichi_dt_06hex.jpg


搬入直後は、さすがに腕と肩がだるくて力が入りません。。家具作りは体力勝負です。


ichi_dt_02.jpg


奥行き方向(900mm)に入れた貫は、脚と直結した幕板のように見せていますが、天板に蟻組みで付けた反り止めで、脚とは組まず天板の収縮を脚に掘込んだ穴に逃がす仕組みです。


ichi_dt_04.jpg


材は楢の天然乾燥材を使用しました。
単価的には人工乾燥材よりも高価になりますが、天然乾燥材は木材の油分の乗りが良くしなやかなので、加工もしやすい気がします。
両者の見た目の違いは、ほんの少しの感覚的な所なんですが天然乾燥材のほうがしっとりしなやかな印象を受けます。